保険料の基準

抱っこされる犬

ペットの時代と言われている現代、沢山の人が動物を飼うようになりました。
ペットは言わば家族同然で自分の子どもや兄弟同様に愛情を注ぐ人たちが多くなってきました。
ですから、動物の不調にもいち早く察知して動物病院に行く機会も増えました。
しかし、動物病院は人間のように健康保険がありませんので全て自由診療、すなわち全額飼い主の負担となります。
そこまで難しくない治療なら負担も少ないでしょうが、手術や入院等となるとかなりの金額が必要となります。
その際に飼い主の負担が少しでも減るようにペット用の保険が近年ではメジャーになってきました。
人間でいう医療保険と同じ仕組みです。
ペットの種類や年齢に多少の制限はあるものの、通院や入院などで保険金がおりますので、お金の負担が大分減ります。

多くの動物専用の保険は、飼っている人が多い、犬猫専用が多いですが、ある程度寿命が長いフェレットやウサギも対象になる場合もあります。
また、それが使える病院と使えない病院もあるので注意が必要ですが、最近のペット産業拡大で、使える動物病院も増えてきています。
はじめの頃は業者が一社位しかありませんでしたが、現在は数社に増えたので、飼い主が選択できるようになりました。
また、業者が季刊紙を発行してペットの健康や病院に行くポイント等を季刊紙にのせるなどして、健康増進や病気や異変にすぐに気付くように出来る取り組みをしています擬人化までとはいかないですが、人間と同じように扱うことで、飼い主の共感を得られるようにしています。